歯科医院が扱っている診療科目について

歯科医院は、歯やあごの治療など、口腔衛生に関する科目を扱っています。

その特殊性から、医師とは別に歯科医師の資格が必要です。具体的には、一般、小児、口腔外科、審美、矯正など多岐にわたります。一般と小児は、対象が大人か子供の違いだけで、やっていることは同じです。虫歯があれば削り、歯が折れてしまった場合には、差し歯を付けます。口腔外科は、外科処置が必要な治療を行います。例えば、親知らずを抜いたり、顎関節症を改善するための処置を施します。

ただし、外科的な処置にとどまらず、付随する内科的な治療も行っているので、対象が広いという特徴があります。そして審美は、歯の見た目を改善するための治療を行っています。代表的なのが、ホワイトニングや差し歯を装着する治療です。この分野は最先端の治療方法が取り入れられやすい特徴があります。例えば、差し歯の素材をセラミックやハイブリットセラミックといった新しい素材で行うことがあります。

矯正は、歯のかみ合わせや歯並びの改善を行う診療科目です。歯並びが悪いとかみ合わせも悪くなり、一部の歯に負担がかかってしまったり、虫歯になりやすい原因となります。そのため、予防歯科の一環としても、矯正は重要な地位を占めています。以上のように、歯科には多数の診療科目があります。ただし、科目名が異なっても、それぞれは横断的なものなので、全く扱っていないわけではありません。ただし、それを得意としているかは別なので、治療を希望する場合は、歯科医院の先生と相談する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *