作業服に応じた会社のカラーについて

会社から支給される作業服はユニフォームと同じで、その現場や部署によっての作業に応じた、決められた服装を求められます。服装は年間を通して作業内容や工程の環境に応じたものが考えられ、必要であれば夏季と冬期に衣替えが行われ、寒い時期にはさらに防寒対策として上着を支給されることもあります。作業服は、会社側が必要とする作業が快適に行え、その場所に応じた機能の服が選ばれているために、時としては窮屈で動きにくく、日常生活における快適な服と同様に感じることはないかもしれません。現場によっては、マンホールなどの下を覗き込むことが多い作業の場合、落下防止のために不要なものは胸ポケットには入れられないこともあります。

それ以上に、胸ポケットのない作業服の着用を求められることがあり、製造業においてはトラブルの原因を最初から対策するケースも珍しくありません。精密機器を扱うクリーンルームや食品加工の現場においては、不織布を使用した白衣などを着ることを求められます。頭頂部からつま先に至るまで、細部にスキのない服装を求められることがほとんどで、この場合洗濯などの管理も、会社により業者に依頼されることがほとんどです。作業服は決められた色の名前が入った服を単に着せられているわけではなく、会社が側が考えた必要に応じた機能性の服が選ばれ、その中に会社の特色と風紀を乱すことを防止のための統率も、しっかりととれるようにまとめられているのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*